ENGLISH

感じてください、静寂の音

国頭村の星空1 国頭村の星空2 国頭村の星空3 国頭村の星空4

TOPICS

2024/05/23

二重星を見てみよう!

(写真)はくちょう座のクチバシ部分、二重星アルビレオ。宮沢賢治の銀河鉄道の夜では、サファイヤとトパーズと例えられる。空に輝く星の中には、目では一つに見えても双眼鏡や望遠鏡で覗くと二つ重なっているものがあります。これを二重星と呼びます。 もちろん天球上で近づいて見えるだけで、実際にその二重星同士の距離は大きく、写真の二重星アルビレオも、それぞれの星は約60光年離れています。 今見頃の二重星をご紹介します★・おおぐま座ζ(ゼータ)星 ミザール 北斗七星を構成する星の一つ。双眼鏡でも確認できます。望遠鏡で見るとミザールAとミザールB、アルコルの3つを見ることができますが、実はこの3つもそれぞれ分光連星で、合計6つの星の組み合わせになるそう。  ・はくちょう座β星 アルビレオ 天文ファンにはお馴染みの天体(写真)。オレンジ色の3等星がβ1、青みがかった5.1等星がβ2。双眼鏡でも確認することはできますが望遠鏡がおすすめ。 比較的観測しやすいものをご紹介しました!国頭でも夜の早い時間は春の星、12時を過ぎてくると夏の星が観測できます。沖縄は梅雨入りしましたが、すきまの晴れを狙って是非星を見上げていただけると嬉しいです★
TOPICS一覧

ASTRO TOURISM

国頭村くにがみそんで見る星空

国頭村は本島の最北端にある自治体です。北部北緯26度に位置し88星座の内82個の星座や21個の1等星全てを見ることができます。春から秋にかけて蛍が飛び交い、やんばるくいなや夜行性の生き物の鳴き声が自然のBGMのように聞こえてくるのが国頭の特徴です。東西に村を囲む砂浜には今でも海亀が産卵に訪れます。

view more view more
目指せ星空保護区

目指せ星空保護区

星空保護区とは米国に本部を置くDarkSky Internationalが2001年から始めた認定制度で、光害の影響の無い、暗い自然の夜空を保護・保存するための取り組みを称える制度で、国内では4つの自治体が認定されました。国頭村は星空保護区認定を目指しています。

view more view more

星空ガイド
案内する星空鑑望ツアー

星座や惑星などの天体を見ながら、民話や神話、誕生星座、文化や習慣など星にまつわる話を星空ガイドがやさしく解説します。リクライニングチェアに横たわりながら、森の中を散策しながら、冬にはこたつの中に入りながら星空を案内するなどのプログラムがあります。沖縄三線を引いてくれるガイドもいます。

view more view more
  • 星空ガイドが案内する星空鑑望ツアー
  • 星空ガイドが案内する星空鑑望ツアー
星空豆知識と便利グッズ

星空豆知識便利グッズ

目視できる星の明るさは1~6等級に分類されており、全天(北半球と南半球を合わせて)で約8千個あります。一番明るい1等級の星は全部で21個あり、国頭では21個の星全部を見ることができます。冬の星座おおいぬ座のシリウスが最も明るい1等星です。

view more view more

国頭くにがみ星空スポット魅力情報

国頭村は光害の影響が少ない数少ない地域。天の川は年中見ることができます。南側にまっすぐ天頂に見る天の川や、東西にアーチになってみる天の川をみることができます。流星群の時期にはキャンピングやコンサートなどのイベントが開催されます。

view more view more
国頭(くにがみ)星空スポットと魅力情報

国頭村くにがみそんへのアクセス

星空満点の国頭村へ出かけよう!

那覇空港より車で約2時間30分、
沖縄自動車道許田ICからは車で約65分

view more view more
国頭(くにがみ)村のマップ
TOP